写真AC換金申請してから実質の入金までいくらかかるか

写真ACはフリー素材を基本にしたフォトストックサイトです。

わたしも作品を投稿したり、他のかたの作品をダウンロードさせて貰っています。このブログではなるべく使わないようにしていますが。

PIXTAやAdobestockのそれとことなり無料でもいくぶん落とせるのが魅力で、「ぱくたそ」さんほど素材写真が、「見たことある!」とならない気がします。

 

今回は写真投稿から換金申請までについての期間についてちょっとまとめてみました。

 

まず換金申請額

換金申請をするには額面が決まっており、最低でも5000円(2018年6月25日現在)たまらないと換金出来ない仕組み。

それ以上ならば10万でもOK。問題ないようです。

換金申請はタイムライン上に表示されるので、たまーにこう言った上位クリエーターの片鱗を目のあたりにします。羨ましいことに……

換金申請の仕方

わざわざ説明しなくても、ですが一応さらっと換金申請の流れを。

 

換金申請はマイページの「換金申請」の項目をクリックすると換金申請のページに移行します。

楽天銀行と提携しているらしく。支払いは楽天銀行のメルマネというものを使用します。

正直他のストックフォトサイトよりも気楽に換金できる印象。

ただメールアドレスと名前をしっかり確認し正しいのを入れないと面倒なことになります。

換金申請をすると、たまっていたポイントは無くなってしまいます。また貯め直し。

ただ一回目の換金申請の期間より早いスパンで次の換金ができるのは確かだと思われます。写真をあげていれば、ですが。

広告


換金申請から受け取りメールがくるまで

問題はここからで実際の楽天銀行からのメールがすぐに来ない場合があります。

結論から言って、換金申請から1ヶ月近くかかりました。

正確には27日。

写真AC側でも但し書きとして「一ヶ月かかる場合もある」旨が表記されていますのでこういうものなのかと。

※一つの写真に対して、ダウンロードされた方のIPアドレスの重複がないか、不正なダウンロードはないかなど審査を行います。
お振込みまで最長で30日程度かかる場合もございますので、予めご了承をお願い申し上げます。

2018年現在

不正ダウンロードを防ぐためらしいので仕方ないですね。クリエーターの皆様はのんびり構えるしかないのかも。正直けっこうやきもきしました(笑)

 

ちなみにサービス当初は一週間程度でもメールが届いたと言いますから、ユーザーやクリエーターが増えてきた証でもあるのかもしれません。換金申請額の最低値も2000円から5000円になったのもそういった理由からでしょう。

 

楽天銀行のメルマネについて

メールアドレスが正しければ、楽天銀行からメールが来ます。

楽天銀行株式会社から「かんたん振り込み」のお知らせ

という名目で来ますので見落としのないようにします。ちなみに楽天銀行にアカウント・口座を持っていなくとも換金申請でき、基本的な取引口座はほぼ提携しているようなので安心です。

メール本文のURLをクリックすると受け取り画面になりますので、

必要な情報を入力すると手続き完了になります。

 

 

あわせて読みたい