Photoshopでロゴなどを写真になじませる

ロゴなどをAdobeのillustratorで描いた際、それをPhotoshopで開いた写真に「配置」することでロゴ等の雰囲気が分かると思います。

今回は蜜蝋や塗料など光沢のある材質として写真合成します。ワンレイヤーで出来るかと。

まず開いた写真にロゴを配置します。今回は赤い蜜蝋の封のデザイン。

ちなみに環境設定で配置後自動的にスマートオブジェクトに変換しています。

配置したオブジェクトはワープ機能や「編集」から「変形→ゆがみ」などを使いバウンディングボックスを動かしてなじませる写真の配置場所にあわせ変形させます。

変形させたオブジェクトの色を変える場合は「イメージ」から「色調補正→グラデーションマップ」などを使い自然な雰囲気になるよう調整。

グラデーションのカラースライダーをクリックするとグラデーションエディターというカラーの変更やグラデーションの在り方を決めるパネルが現れます。スライダーの「□」をクリックしてカラーピッカーで色を取ります。

次に「フィルター」から「表現手法」をそして「エンボス」をクリックして効果を設定します。

スライダーを動かすことで効果を調整します。

※上画像は見やすいように「白黒」を色調補正を当ててエンボスを適用していますが、実際は目的のカラーでやります。

Sponsorlink



レイヤーパネルのうちロゴのレイヤーをダブルクリックして「レイヤースタイル」のパネルを出します。そのうちのドロップシャドウを適用して、ロゴと写真がなじむように影の「角度」「距離」「サイズ」等を変更します。

影の色の濃さは、同じドロップシャドウの項目の不透明度で調整します。

ドロップシャドウが設定できたら、「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」を両方使い影とハイライトを作ります。もっともロゴやその接地面の素材によるのですが……。

「焼き込みツール」でなぞった部分を暗く、「覆い焼きツール」で明るくなります。

またブラシのサイズに影響されますし、ブラシの種類でも使用感が変わります。ソフト円ブラシを利用したほうが希望通りになることが多いです。

最後に、今回は蜜蝋なのでフィルター効果で「ラップ」かけて見ました。

ロゴ等に合わせてフィルター効果を掛けるといいと思われます。

 

Sponsorlink


 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA