フォトショップでイラスト風の画像に加工する

 

Photoshopは画像の色調だけではなく、様々な加工をすることが出来ます。

場合によっては大胆なアレンジもできます。

今回は画像を簡単にイラスト風にする方法を紹介します。

 

方法① フィルターを使って絵画風に

 

例えばこの画像を絵画風にします。

画像全体を絵画風のタッチにする場合はフィルターを利用するのがいいかと思われます。

まずメニューバーの「フィルター」から「フィルターギャラリー」を選択、クリックしてウィンドウを開きます。様々な機能が一覧になっていますが、そのうちの「アーティスティック」の中から「パレットナイフ」を適用します。

アーティスティックの項目にはほかにも絵画調に利用できる機能があります。

複数フィルターを掛けることもできるのでいろいろ試してみるといいかもしれません。

今回の絵画調にはフィルターの「パレットナイフ」を使うのですが、メニュー内のスライダーでその度合いを調整してゆきます。

たとえば「ストロークの大きさ」を上げればデフォルメされたような柔らかなイラストタッチの画像ができます。

画像の細かな部分がつぶれてしまうこともあるので、ストロークの大きさは任意で決定してもらうといいでしょう。ストロークの正確さは最高値でもよいかと思われます。

 

方法② アートブラシで部分的、広域的に加工する

 

アートブラシというツールを使うことでも簡単に絵画調にできます。

ツールパネル(左側のアイコン群)のなかのアートブラシをクリック。

この状態で絵画調にしたい場所をドラッグしてなぞります。

水溶性色鉛筆のうえから水筆でなぞったように、画像がにじみイラスト風になることと思われます。

これはブラシの大きさや形状に影響されますので注意が必要になります。

 

右のトマトは周囲がぼやけた形状のブラシを使っていますが、玩具南瓜は通常の丸ブラシを使っています。

また注意としてブラシの直系を大きくしすぎると画像の色彩のなじみ方がいまいちとなります。

そのため広範囲で統一的にアートブラシを掛けたいときはオプションバーの範囲の値を大きくし、ブラシサイズを小さくしましょう。

※スタイルは無難にカールでないものを選んでいます。

すると画像を少しなぞっただけで広い範囲がアート風になります。またブラシサイズが小さいので細かな塗り具合を再現できます。

これによりアートブラシでも広範囲あるいは画像全体をイラスト風にすることが出来ますよ!

 

ちなみに上画像はブラシサイズ8で範囲を120に設定しています。

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA