Photoshopのレイヤー機能

レイヤーとは「層」や「重ねる」という意味で、多くのドロー系ソフトでは必須機能として搭載されます。レイヤーは画像の合成やレイヤーごとに編集するという部分的な描画機能として利用します。

ちなみにレイアーケーキはスポンジとジャムなどの具を交互に重ねたケーキのことを指します。イチゴのショートケーキはイチゴのレイヤーケーキと言えなくないですよね。

ということで今回イチゴのケーキ……ではなくイチゴのキャンドルの画像でレイヤーの基本を紹介します(強引)。

 

レイヤーの基本機能と目的

レイヤーは基本的に上にあるものが優先して表示されます。

別のレイヤーそれぞれで書かれたパスやシェイプが、もし同じ位置にありかぶさっている場合は上のレイヤーの表示を優先します。

これはよく透明なフィルムを何枚も重ねることと同じだと説明されます。

一枚目の透明のフィルムにマジックペンでイチゴの絵を一個描き、その上に真っ黒に塗りつぶした透明フィルムをかぶせれば、イチゴは黒にまみれ見えなくなります。

さてまずはレイヤーパネルを確認してみます。メニューバーの「ウインドウ」からレイヤーパネルをクリックしてください。左側のドックに表示されたはずのレイヤーパネルから編集しましょう。

まず画像を開いたすぐでは「背景レイヤー」になっています。右端の南京錠のアイコンをクリックして外すか、背景と書かれている名前の部分をクリックして名称変更しましょう。

レイヤーパネル下部にあるアイコン群には様々なレイヤーメニューが存在します。

めくれた紙のようなアイコンは新規レイヤーの挿入を意味しており、現レイヤーのすぐ上に「新規レイヤー」を作ります。

白黒の円形は調整フィルターです。現レイヤーの上に「トーンカーブ」や「カラーバランス」などの色調補正の効果をもつフィルターを作ります。

画像の色彩や明暗などのを調整する「色調補正」は、メニューバーのイメージから編集してしまうと、画像の再度の編集がしにくくなってしまいます。

そこで調整レイヤーを使うことで汎用的な編集を行うことができるわけです。

これは無条件で別レイヤーとして作成されるため、いちレイヤーに色調補正を当てたい場合はレイヤーパネルで補正したいレイヤーを選び「イメージ」から「色調補正」などを適用することになります。

レイヤー自体を消したい場合は、そのレイヤーをクリックして選択しごみ箱アイコンをクリックしましょう。またはレイヤーパネルのなかで選択レイヤーをつかみドラッグしてごみ箱アイコンまで運んで放せば消えます。

さて作成したレイヤーの表示の優先度を変えるにはどうするかですが

レイヤーは基本的に作成すると上へ上へとレイヤーが置かれていきます。

レイヤー同士の順番を変えることで表示の優先度が変わります。

移動させたいレイヤーをつかみそのまま下部(あるいは上部)に持っていくことで順番を変えることができます。上の画像では赤いリボンの下に「Strawberry」というテキストレイヤーがあり、リボンのシェイプがテキストを隠してしまっています。

このとき「リボンのシェイプがあるレイヤー」を「Strawberryと書かれテキストレイヤー」の下にドラッグして持っていくことでレイヤー同士の順番が変更されます。灰色の線のようなものが「Strawberry」というレイヤーの下に出たときにドラッグを放します。

リボンのシェイプの上にテキストが乗りました。

オブジェクトと重ねたり切り取ったりするのはドロー系ソフトではよく使われる技法であり、Photoshopでも同様と言えます。

 

レイヤーの不透明度合いと描画モード

レイヤー機能ではいちレイヤーの不透明度を調整することもできます。

レイヤーを選択し、パネルの「不透明度」のパーセンテージを下げることでそのレイヤーに描画されているものを透明にすることができます。

0に近ければ近いほど薄く透明になります。

また不透明度の横の描画モード設定ではレイヤーの描画モードを編集できます。主に合成色と基本色の設定なのですが、種類が多いので用途ごとに説明することになります。

 

レイヤーのロックと不可視

レイヤーはそれぞれ作成後編集できますが、その枚数が多くなると編集がし辛くなります。

例えばあるレイヤーのパスを移動させるとき、

この「LOVE」という文字だけを移動する際は画像のパスをクリックして動かすこともできるのです。ただ誤ってその下のレイヤーを選択し動かしてしまうこともあります。

この場合は「LOVE」以外のレイヤーをロックして、あるいは近隣のレイヤーをロックして選択できないようにすることでその煩わしさから解放します。

ロックの方法は、レイヤーを選択した後南京錠のアイコンか位置のロックを選択します。これによりロックした画像は移動させられなくなります。

他にも可視状態を解くことで画像編集の環境を整えることができます。

レイヤーの横の目のアイコンをクリックするとそのレイヤーに描画されているものすべてが見えなくなります。見えなくなっただけで消えてはいませんのでもう一度目のアイコンがあった場所をクリックすると可視化します。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA